渡り鳥はなぜ何千キロも飛び続けられるのか?

不眠不休で渡り鳥が飛び続けられる秘密!

不眠不休で渡り鳥が飛び続けられる秘密!

季節によって住処を変える渡り鳥。最も長距離を飛ぶといわれる渡り鳥「キョクアジサシ」は、北極圏から南極圏まで、羽を休める陸地のない海をひたすら飛び続け、1年間に3万キロ以上(ちなみに地球の1周は約4万キロ!)を飛ぶとか。そんなことができるのは翼を動かし続ける羽の付け根にイミダペプチドが豊富に含まれているからなのです。

イミダペプチド含有量の比較
イミダペプチドって何?

イミダペプチドは、渡り鳥だけでなく様々な動物が元々もっている成分です。動物の体内の最も酷使する部分に豊富に存在し、ヘトヘトにならないよう助ける働きをもっています。鳥類ですと胸肉の部分、マグロやカツオなどの魚類は尾びれの部分に豊富に含まれています。もちろん人間にも存在し、骨格筋や脳の部分に豊富に含まれているということが近年の研究で分かってきました。

私たちのカラダにもイミダペプチドは必要なの?

年齢とともに低下するイミダゾールジペプチド 70歳は30歳の1/3に減少! 出典:Arch. Gerontol.Geriatr.29 107-13 1999

私たちのカラダの骨格筋や脳にイミダペプチドは豊富に存在し、カラダをいろいろなヘトヘトから守っています。でも、歳とともにイミダペプチドをつくる力は落ちていくのが現実です。なんと70歳時には30歳時に比べてイミダペプチドの体内濃度が3分の1まで減少することがわかってきました。さらに、イミダペプチドは主に食事の中の肉類の摂取によって補われているものですが、年齢とともに若いころより肉類を食べなくなるなど、食生活の変化も加わり、体内濃度が減っていく傾向があります。だからこそ継続してイミダペプチドを摂取して体内濃度を若いころのように高めることが大切なのです。

イミダペプチドはどうサポートしてくれるの?

イミダペプチドはどうサポートしてくれるの?

そもそもイミダペプチドはアミノ酸2つが結合してできた分子量の小さな「ジペプチド」と呼ばれるものです。私たちのカラダはとても合理的にできていて、イミダペプチドをとると、まず2つのアミノ酸に分解されます。そしてそれがヘトヘトのケアが必要な場所に来ると、合成酵素により、またイミダペプチドに再合成されてヘトヘトに働きかけるのです!だから、他の物質と違いピンポイントでヘトヘトにアタックしてくれるのです!1日の推奨量は200㎎、ヘトヘトになった時だけではなく毎日継続して20日間以上は摂取することをお奨めしております。

毎日鶏肉を食べるのは大変!でも、イミダペプチド飲料には、1本30mlに200mg配合されています。

毎日鶏肉を食べるのは大変!でも、イミダペプチド飲料には、1本30mlに200mg配合されています。

気になるあなたのヘトヘトをチェッ ク! 朝起きるのがつらい もっと休んでいたいと思うことがある 日中、眠くてボーっとすることがある なかなかものごとを始められない 仕事でもなんでも、途中で気力がなくなることがある 筋力の衰えを感じる 最近、集中力が低下した気がする 話す時にうまく考えをまとめられない 記憶力が落ちてきたように感じる 何事にも興味がわかなくなってきた気がする ひとつでも思い当ったら、イミダペプチド!